法律 民法解説辞書 無料ダウンロードサイト by 『民法大辞典』

民法大辞典

法律や民法の解説辞書『民法大辞典』 無料ダウンロードサービス 無料で使っていただく法律サイトです。なかでも民法を詳しく、法律用語、解説など、図解付きで解説。初心者の方にもわかり易いレベル(宅建資格)から説明しており、法律系資格である宅地建物取引主任者・行政書士・司法書士試験の対策としての問題も集めています。またお得なソフトやビジネスにも役立つ情報を発信するコンテンツなどで構成されています。 法律の中でも特に民法の基本から徹底無料発信

第三者のための契約

第三者のためにする契約とは、当事者の一方が、第三者に対してある給付をする契約です。

当事者の自分側を要約者、相手を諾約者、第三者を受益者といいます。契約自体はさまざまな契約が当てはまります。
第三者の権利発生時期は諾約者に対して契約による利益を受ける意思を示したときになります。そして、意志表示後は要約者と諾約者の間で契約が確定し、変更したり出来ない。

また、債務者は同時履行の抗弁権や契約の無効・取り消しなどの主張を第三者にすることができるが、第三者は単なる受益者であり、当事者ではないので、取消権や解除権もない。


無料ダウンロード

民法ランキング
宅建塾
行政書士
司法書士
土地家屋調査士
弁護士
スポンサーS