法律 民法解説辞書 無料ダウンロードサイト by 『民法大辞典』
HOME > 債権

民法大辞典

法律や民法の解説辞書『民法大辞典』 無料ダウンロードサービス 無料で使っていただく法律サイトです。なかでも民法を詳しく、法律用語、解説など、図解付きで解説。初心者の方にもわかり易いレベル(宅建資格)から説明しており、法律系資格である宅地建物取引主任者・行政書士・司法書士試験の対策としての問題も集めています。またお得なソフトやビジネスにも役立つ情報を発信するコンテンツなどで構成されています。 法律の中でも特に民法の基本から徹底無料発信

債権

債権とは債務者に対してある行為をするように要求できる権利のこと。債権者とはこの権利を持っている者をいう。
これに対し、ある行為をするように要求される者を債務者といい、これに応じる義務を債務という。
債権と債務は表裏いったいで、債権者から見れば債権であるものが、債務者から見れば債務である。 契約の発生原因には契約や不法行為などがある。
債権は債権者が債務者に対してのみ要求できる権利であり、物権が誰に対しても要求できるとした権利であることと大きく違う。
債権には排他性が無い。原則1つの物の上に同一内容の物権が並存することの無い物権とは大きく違う。
物権と債権が同じ物の上にあるときは、原則物権が優先。
債権は自由に譲渡することができる。制限されているものの中には賃借権などがある。
金銭と金銭以外のも物を求める場合がある。
特定物と不特定物がある。目的物の管理責任(善管注意義務)、危険負担に関して重要。

無料ダウンロード



債務不履行
どういう場合に成立するか。どういう型があるのかなどについて。

連帯債務
連帯債務の絶対的効力(弁済、代物弁済、供託、請求、更改、相殺、免除、混同、時効)について。相対的効力について。

保証
性質、成立要件、効力について。債務者にどのような影響を与えるか。

弁済
誰が、誰に、いつ、どこで、どのように弁済するのか。

売主の担保責任
権利の瑕疵に対する担保責任、物の瑕疵に対する担保責任。
民法ランキング
宅建塾
行政書士
司法書士
土地家屋調査士
弁護士
スポンサーS