法律 民法解説辞書 無料ダウンロードサイト by 『民法大辞典』

民法大辞典

法律や民法の解説辞書『民法大辞典』 無料ダウンロードサービス 無料で使っていただく法律サイトです。なかでも民法を詳しく、法律用語、解説など、図解付きで解説。初心者の方にもわかり易いレベル(宅建資格)から説明しており、法律系資格である宅地建物取引主任者・行政書士・司法書士試験の対策としての問題も集めています。またお得なソフトやビジネスにも役立つ情報を発信するコンテンツなどで構成されています。 法律の中でも特に民法の基本から徹底無料発信

無権代理

無権代理とは、代理権を有していない者が、代理人として契約をする場合をいう。この場合の無権代理をした代理人を無権代理人という。
無権代理は、本人に対して何の効果も発生せず、無権代理行為は原則無効であるが、追認によって有効となる。
また、無権代理の場合でも無権代理人が有効に代理権を持っていると思われる場合がある。そのことに本人に責任がある場合には、有効な代理として扱うとしており、これを表見代理という。
本人が望む代理行為については追認できる。それは契約時に遡り有効である。
相手方の保護の観点から、相手がとることのできる手段として、相当の期間を定めて、期間内に追認するかどうかの確答するよう本人に催告することができる。
確答がなければ本人が追認拒絶をしたものとみなされる。
相手方の善意・悪意にかかわらず認められる。
善意の相手方は、本人が追認しない間は、無権代理人とした契約を取り消すことができる。

無料ダウンロード

民法ランキング
宅建塾
行政書士
司法書士
土地家屋調査士
弁護士
スポンサーS